高校を転校する際の条件と転校する方法!!

高校を転校するために必要な条件

高校を転校するための条件には特別な理由による転校希望や、何らかの理由による転校希望などが条件となっています。特に理由がない場合には転校したいという申請をしても断られる場合もあるので注意が必要です。特別な理由は高校内でのいじめによって登校できないなどの理由や、病気によって登校に影響がある場合となっていて、これらの様なしっかりとした理由がなければ転校できません。理由についての判断は場合によって異なりますが、いじめや病気などの重大な理由であれば転校することが可能です。基本的には現在通学している高校で何らかのトラブルがあった場合や病気などで、現在通学している高校へ通い続けることが不可能であることが条件となっています。

高校を転校するための手続きや方法

高校を転校したい場合には現在通学している高校側へ相談すると、教育委員会などへ転校の受け入れが可能であるかなどの確認をしてもらえます。教育委員会への確認などが完了すると転学願や転入学照会などの書類を用意してくれるので、高校側の指示に従って書類に必要事項を入力して、書類への必要事項の入力ができたら教育委員会などへ提出します。公立高校へ転校する場合については転校前に学力テストや面接などがあり、国語や数学や英語などの主要な教科のテストなどを受ける必要があります。途中から転校することになると既に転校先の高校が定員に達している場合もあるので、学力やランクの低い高校へ転校することになる場合が多いです。

高校を転校したいなら、学科の希望を明確にしながら探すことが大事です。普通科や商業科、情報処理科など、学科の種類は豊富です。