借り入れ金の時効援用の意味

借金には時効がありまして、時効制度を活用して債務消滅させることを時効援用といいます。時効援用に取り組むには決められた期間が過ぎていないといけません。会社相手に借り入れた金銭につきましては時効は5年といえ、個人同士の借り入れ金につきましては10年です。計算の手法は一回も返済が存在しない場合は契約日となり、返済が1回でもあるケースは最後の返済日より算出されます。 時効は公訴時効の様に時効になる年数経過した時に成立するというものではなく、時間が過ぎた上で相手方に時効援用を行なう事を通知して成立します。仮に5年或いは10年が過ぎてもそれ以降返済をしたり、債務を認めると、時効は振り出しに戻ることになりますので注意が必要です。

時効援用の実際的な手法

時効援用を行なうときは必要な条件のそれに見合った年数を過ぎた上で相手方に時効の援用に取り組む通知をすることになります。通知方法に関しては制限されていませんが、内容証明を相手方に送るのが一般的です。内容証明に関しましては一般的な郵便物とは異なって郵送した事実を証明してくれるものになります。内容証明を活用することによって通知をする事で明らかに通知をした事を証明できるようになっているため後々通知が到着していない事にならずに済むことになります。 内容証明を記す際には絶対に弁護士にお願いすることは必要ありませんが、記し方には決まりがあって知識が一切無い人が一人の力で書くよりはプロフェショナルに委託をした方が着実に作成できます。

時効援用は、長く払っていなかった借金について、時効の制度を利用すると債権者に伝えることです。その上で借金を帳消しにすることが出来ます。