投資によって得られた利益に課税されない

株式投資や投資信託に投資をして利益が得られると、それに応じて課税されます。申告が必要な時もあれば、源泉徴収されるときもあります。課税されるときは利益に対して約20パーセントが徴収されます。小さい金額の20パーセントであればそれほど気にならないかもしれませんが、大きな金額となるとそれなりに気にする必要が出てくるでしょう。老後の資産を積み立てようと証券口座などで投資をしている人がいるかもしれませんが、その時は個人型確定拠出年金の利用を考えるようにしましょう。こちらでは積み立てて運用した結果出た利益に対して課税されないようになっています。自分で一般的な口座で投資をしていると課税されるのに比べて、税金分を多く積み立てられます。

毎年の所得税を減らして節税になる

所得税の計算には所得控除があります。生活に関わるコストを控除してくれたり、扶養親族などを考慮して一定額が控除できます。住宅ローンなどを利用している人もかなり控除できるので、申告などをする人もいるでしょう。株式や投資信託に投資をしても、それが老後の資金を積み立てる目的としても控除はできません。人によって目的が異なるため、管理できないからかもしれません。一方、個人型確定拠出年金に拠出をした金額は、全額が所得控除の対象になります。こちらは受けられる年齢がある程度高齢以上でないといけないので、老後資金の積立目的の性格が強くなります。公的年金の拠出と同じ意味があるとして全額控除できるようになっています。うまく利用すれば所得税の節税になります。

先進国の株式のファンドを活用するのが、代表的な個人型確定拠出年金の運用スタイルです。毎月一定額を積み立てることによって、着実に資産を増やすことができます。