養子縁組は誰とする?子供が放棄するのは良い方法?悪い方法?

安易に養子縁組をしてはいけない

相続税対策の一つとして養子縁組があります。法定相続人として配偶者は決まっていますが、第一順位に子供がいます。子供の数を人為的に増やせるのが養子縁組です。既に子供がいれば一人、子供がいなければ二人まで養子縁組ができます。基礎控除額が増えるので、その分相続税の元を減らせます。では誰と養子縁組をするかです。ここで安易な人選をすると後で大変になります。養子縁組をすれば、法定相続人になります。つまりは相続の分け前に関していろいろ意見を言える立場になります。赤の他人などを養子縁組すると、高額の配分を要求されてしまうかもしれません。通常は子供の配偶者であったり、孫、孫の配偶者など子供に近い人と養子縁組をし、配分に口を出さない人を選びます。

子供はできるだけ相続放棄をしない

相続税の仕組みとして、配偶者にはかかりにくいようになっています。1億6千万円かそれ以上なら法定相続分まではかかりません。この時、子供たちがどんな選択をするかです。自分たちが相続人になれば、相続を受けて相続税がかかる可能性が出てきます。でも自分たちが放棄をすれば、配偶者にすべて行き、税金がかからない可能性が出てきます。一見よさそうですが、放棄をしてしまうと次の順位の人が法定相続人になります。直系尊属や被相続人の兄弟姉妹などです。あまり会っていない人と相続の話をしなければならず、もめやすくなります。税金を減らしたいなら、一応子供は通常通り相続をします。この時にできるだけ少なく相続をして配偶者分を増やします。配偶者は控除が大きいので、相続税を減らせます。

相続税の申告は、申告が必要な場合とそうでない場合があります。申告をしなければならない場合は、申告期限までに必要書類を提出するなどの手続が必要です。