社会人になってからでも学べる!通信制大学院のメリットは

自宅で好きな時間に学べる

一般的に大学院は、大学を卒業した人がさらに専門的な内容を学ぶために通う学校です。通学して勉強するのが基本ですが、中には通信制の大学院もあります。大学に併設している大学院もありますが、通信制のみの大学院もあります。通信制のメリットは、自宅で学ぶことができることです。社会人でも、主婦でも、高齢者でも通信制大学院に入学して学ぶことができます。また、受講の一部はスクーリング授業となることが多いのですが、インターネット、テレビやラジオなどを使っての勉強となるため、遠方の大学院であっても入学することは可能です。その学校でしか学ぶことができない内容でも、通信制なら諦めることなく勉強することができます。

費用も通学制より安く済む

通信制大学院のその他のメリットとしては、通学するよりも費用が安く済むことです。入学を希望するのは若い人ばかりではありません。学びたい人の年齢層は幅広く、経済的負担をできるだけ軽減するために費用が安く設定されていることがほとんどです。スクーリングを除けば自宅での勉強となるので、交通費の心配もありません。費用面で諦めていた人にも、学ぶチャンスがあるというわけです。

また通信制とはいえ、通信制大学院で学べる学問分野は幅広いです。ビジネス系から社会学、国際学などの文系、教育系、医療・福祉系、芸術・美術系などさまざまです。自分が新たに学びたいこと、また学び直したいことを、何歳からでも学ぶことができる場所といえます。

働きながら大学院で研究をする場合、両立が難しいです。しかし通信制大学院であれば、仕事終わりの空き時間に学べますし、研究の指導を1対1で受けることができますので、より良い修士論文を作成できます